テーマ:絵手紙

「第11回じっちゃん書士と仲間の絵手紙展」は明日からです

9月15日(日)から豊島区立勤労福祉会館1階談話室での「第11回じっちゃん書士と仲間の絵手紙展」を開かせていただきます。  是非お出かけ下さいますようお願いいたします。  14日12時30分に巣鴨の事務所に4人のお仲間が駆けつけて頂き、10枚の額、大きなパネル6枚、少し小さいパネル6枚を持ってもらい、1時頃に豊島区立勤労福祉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙展へ高市早苗先生から祝電が届きました

3日午後4時に、奈良県選出の衆議院議員で、自由民主党・政調会長の高市早苗先生から祝電が届きました。ありがとういござ  います。  第10回「じっちゃん書士と仲間の絵手紙展」 へのお祝いメッセージです。  高市早苗先生とは、衆議院議員におなりになる前から存じ上げております。    山内事務所(現・行政書士法人日本許認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙展「じっちゃん書士と仲間展」

2013年9月 第10回「じっちゃん書士と仲間展」が始まりました。今回の展では、受付・案内・説明等を巣鴨・高島平 教室から応援  に来て頂きました。  会期は9月2日(月)~8日(日)の7日間です。どうぞ、ご覧下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「としまの選択」から取材の申込みが

23日、小林俊史さんが主幹の情報紙「としまの選択」から取材の申込みがありました。絵手紙さんぽの会として巣鴨で絵手紙教室を開催  し、9月には高岩寺会館ギャラリーで絵手紙展を開催の案内を、小林さんにお伝えしていましたので、そのような文化活動面での取材と思います。  8月28日(火)午後1時に巣鴨の弊社においでいただくことになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絵手紙その魅力の謎解き」を鑑賞して

日本絵手紙教室の指導者養成講座で、「絵手紙の哲学」を教えてくださった高橋 進先生の出版記念を兼ねた絵手紙展を  大崎ギャラリーで開かれています。  高橋先生から案内状を頂いていますので、鑑賞させていただきました。高橋先生は、会場におられたので、ご挨拶をいたし鑑賞しました。  鹿沼に住んでおられ、サツキの盆栽販売をされているそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗原市立栗駒中学校生徒の職場訪問

3月21日、ふる里は栗原市立栗駒中学校(氏家光彦校長)から弊社に栗原市立栗駒中学校生徒の職場訪問(体験)の要請が  ありました。訪問の承諾をすぐにさせていただきました。  昨年は東日本大震災のため、職場訪問は中止になりましたが、10年以上前から、栗原市立栗駒中学校からの依頼で職場訪問に弊社を選んでいただき、ありがたく思っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【50円のありがとう】 講演会及び体験教室のご案内

【50円のありがとう】 講演会及び絵手紙体験教室のご案内です。 ブログをご覧のあなた様に、是非ご参加賜りたく、ご案内を  させていただきました。 ◇ ◇ ◇ 【50円のありがとう】 講演会及び絵手紙体験教室のご案内 日  時  平成24年4月14日(土)午後1時30分~3時まで(受付は1時から) 会  場  板橋区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙を宮城県村井知事に

22日(木)午後5時半に都道府県会館12階の宮城県東京事務所に参りました。菅原久吉所長に、「宮城県知事村井嘉弘様に  絵手紙をお渡ししたいのですが・・」と、申しましたところ、「知事はいまお出でなので、直接手渡されたほうが・・」との事で、別室にお伺いし村井知事に、「山内です」と挨拶してから手渡しました。  村井知事は、良く知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙で心を伝えよう! 講演会と体験教室のご案内

~昨年12月、巣鴨とげぬき地蔵尊高岩寺会館での絵手紙展にお越し頂きありがとうございました~ 大切なひと、会いたいひとへ    絵手紙で伝えよう!  描くことで心が安らぎ笑顔になります。日々の暮らしに潤いや喜びが満ちてきます。  メールの時代だからこそ、手作りの絵手紙は大切な人への感謝が伝わります。  「ヘタがいい」「ヘタで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絵手紙さんぽの会」を始めました

去る1月1日、高島平地域センターに板橋区施設利用のため利用者団体の登録をすませました。団体名は「絵手紙さんぽの会」  です。  団体者登録番号:00015492  団   体   名:絵手紙さんぽの会  代       表:山内常男  代 表 者 住 所:板橋区大門4-14-407  電 話 番 号:03-3979-45…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回「じっちゃん書士の絵手紙展」が始まりました

数年前から絵手紙を始め、日本絵手紙協会の講座や教室で心を教えて頂き、今年4月にお陰様で公認講師の認定を受けました。  4年程前から、「ヘタでいい」「へたがいい」・・と、絵手紙個展を開かせていただきました。  おかげさまで、今回は5回目の個展となり今日から始まりました。  ブログをご覧下さいます皆様、是非いらして下さい。 常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靖国神社に行けない

昨年も一昨年も、この日に靖国神社に参拝しました。日本は終戦というよりも、敗戦から立ち直り、どうにか平和な世の中になっ  たのです。  このことは、戦争で亡くなった多くの兵士や関係者のお陰だと思います。  「戦争反対!」と、誰しもが言います。  しかし、多くの犠牲になられた方々のお陰で、平和な日々を送っているのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五百羅漢の定福院を訪ねました

栗橋町の五百羅漢で有名な定福院へいきます。昨日、絵手紙教室の森千景先生から絵手紙で、「3日は年一回のお祭りがあり、  羅漢さんのすべてにろうそくの火が灯ります。よろしければいらっしゃいませんか」」とお知らせがありました。  西台で絵手紙教室を早めに退席させて貰い、新板橋駅から赤羽駅で宇都宮線に。午後3時30分に栗橋駅に着きタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第四回じっちゃん書士の絵手紙展が始まりました。

第四回じっちゃん書士の絵手紙展が始まりました。期日は、平成22年9月1日(水)~15日(水)まで。会場は、地下鉄三田線  高島平駅構内のギャラリーです。  感じたままに描かせて頂きました。是非ご覧下さい。お待ちいたしております。  ◎カンソウやメッセージをお寄せください。会場にはメッセージ投函箱を用意いおります。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回目の絵手紙展のご案内

2010年1月「第3回目の絵手紙展のご案内」1月16日~31日まで、高島平駅構内で絵手紙展を開かせていただきます。  是非、ご覧下さい。  第一回じっちゃん書士の絵手紙展は、21年8月に高島平駅構内で開催。    第二回じっちゃん書士の絵手紙展は、21年10月~11月の毎土曜日に、八広・古伊万里資料館で開催。  第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ「絵手紙さんぽ」をご覧下さい

絵手紙の原画が500枚を超えたました。これからも増えていきますので、ブログ「絵手紙さんぽ」の絵手紙掲載の開始の  時期を早めました。  2007年8月1日からの開始を、2007年5月1日からと致しました。  これからも、精一杯描いていきますので、是非、ご覧下さいますようお願いいたします。 初めてかく絵手紙の散歩道—季節の歳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「絵手紙さんぽ」のブログが開店しました

「絵手紙さんぽ」のブログが開店しました。かねてより、企画中だった”絵手紙ギャラリー中心のブログ”が、  やっと、完成いたしました。これかは、私が描きためている未使用の【絵手紙】を、デジタルカメラで撮影して掲載して参ります。拙い絵手紙ですが、ご覧になっていただき、さらにコメント等も頂ければ最高の喜びです。 こちらをクリックしてくだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

絵手紙のブログを創ります

9日に、石川さんからファックスが届いた。「絵手紙中心のブログを創ったほうが良いと思います」と。  自分もそう思っていたので、すぐ、電話をした。名前は「TUNEOの絵手紙さんぽ」にしたいと思う。その中に従前の絵手紙を「絵手紙ニュース」に。従前の「絵手紙ギャラリー」を、そっくり 「TUNEOの絵手紙さんぽ」に移し変えて、「いつでまでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙の写真を掲載しました

絵手紙のデジカメ写真を掲載しました。といっても、ブログへの貼り付けは、専門家に頼んだのですが。  凡そ300枚以上あるので、とりあえず9月までさかのぼった日付で順次掲載することにします。  メッセージのコメントは私の役目なので少々時間がかかります。出来る限り後回しにしないように勤めたい。  下手な絵手紙ですが、絵手紙の好き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵手紙教室で学びます

11月24日に赤塚植物園で開催の「絵手紙展」の見学をした際に、「やっぱり、チャンとした先生に、  学ばないと、感動する絵手紙が描けない」と、感じました。  で、ダイエー西台のカルチャスクールから書類を貰ってきたので、月一回のコースで本格的に、先生に絵手紙を学びます。今日夕方に西台のカルチャスクールで手続きをしました。  月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙ギャラリーに写真を掲載します

ブログに「絵手紙ギャラリー」を、一度、掲載したままになってるので、かなりの枚数の絵手紙を掲載  したいと思います。そこで、HPのスペシャリストで、K&Aシンセリテイの石川和恵さんに入力作業を依頼しました。午後4時に石川さんに来所していただき、デジカメのCDを渡しました。300点以上の未使用の絵手紙がはいっておりますので、順次掲載し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤塚植物園の絵手紙展へ

今日まで赤塚植物園で、花のある絵手紙展が開かれているので、9時半ごろ自宅を出かけ見に行ってきました。  絵手紙サークル「はこべ」といって、西台ダイエー5階で月1~2回(午後1時から4時まで)ほど教室を開いているそうです。リーダーが宮崎さんという女性の方でした。  早々に申し込んで、習いに行こうと思います。    花のある絵手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古伊万里資料館の絵手紙展へ

私設資料館「古伊万里資料館」が墨田区にあり、いま、絵手紙展を開催していると、新聞で知ったので、  これから出かけることにする。9時半過ぎに、墨田区八広の「古伊万里資料館」館長の応後大吉さんに電話をして、見学の申し込みをした。「何時ころに来ますか?」と言われ、「11時半ごろにまいります」と。すると、丁寧に道順も教えてくださった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視察会の方々に絵手紙を

昨日、東商豊島支部主催の視察会で、名刺交換をさせていただきましたの方々に、感謝を込めて絵手紙を  ださせていただいた。一人ひとり、顔を思い浮かべて書いた。今回の視察会は、これまでい以上に、リビエラ東京さんにお世話になりました。ブライダルの真髄とも言うべき教会の演出を見学させていただき、その後のフルコースは格別でした。  たくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れわたった空が美しい

毎朝、4チャンネルのズームインを見ている。天気予報の画面の晴れわたった空が美しくて、西側の窓から、  空を見上げる。見事なくらい、晴れわたっています。最高気温が19度というので、ちょっとばかし肌寒いってとこかな。  このように、好天気だと体の底から元気が出てくるような気がする。昨日も、岩高同窓会で合えた先輩方に絵手紙を書かせてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もとめない」を求めました

一週間前から、新聞で加島祥造さんの著書「もとめない」の広告をみました。加島祥造さんは伊那谷の老子  と言われる方です。その「もとめない」(小学館)を、1日に最寄駅近くの本屋で求めました。すると、「すみません。品切れしております」と。  で、ちがう本屋で買いました。予想以上にコンパクトな四角い本です。  もとめない ----…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙、5182枚に

1日に48枚描いたので、絵手紙の制作枚数が、5182枚になった。始めの1枚を描いたとき、これほどの  枚数になるとは想像してなかったです。確か平成17年の春頃から描き始めたと。もともと絵が好きだったこともありますが。  一番のきかけは、自分の思いや人生観や事業に対する考えのほかに、肝硬変から肝細胞がんに進行し、いろいろ精神的に悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙「異なるものが共存してこそ」

2007年3月「異なるものが共存してこそ」  人間にしろ、動物にしろ、植物にしろ、それぞれ異なるものが  共存しあい、競合してこそ、お互いが育ちながら発展し繁栄していくのです。味も同じことで、それぞれ違う味が集まり、調和するからこそ、全体の価値を高められる。  人間も同じことで、自分とは異質な才能を持つ人を、排除してしまうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙「浮世にまかせない」

2007年3月「浮世にまかせない」 しっかりと主体性を持っていれば、時代に流されて良いのですが、  自分のスタンスを決めた上でのアイデンテイテイを持っていなければ、自分を見失ってしまうことさえあります。  ですから、揺れ動く社会の波に飲み込まれないように、見極めが大事ではないでしょうか。浮世の波に、任せてはいけないのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙「無心になって描いてみる」

2007年3月「無心になって描いてみる」 好きな道に夢中になってみる。夢中になることで、道を極めようと、  する意欲が湧いてくるのです。「好きこそものの上手なれ」という諺のとおり、夢中なればこそ、少々の苦難も乗り越えられます。  心を無にして描いて見ようとするけれど、雑念がちらつくのは修業が足りない証拠ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more