テーマ:一流人、ここに

産興会50周年記念講演会!

昭和38年12月15日に発足した”産興会”が50周年を迎えました。実業之の日本社のハウツー雑誌”オール生活”の読者クラブと  して発足したのです。オール生活誌は20歳の時から愛読し、毎日のように一国一城の主を目指しました。  23~24歳の時から、志を一つにするオール生活愛読者と交流の場を持ちたいと考え、愛読者とお会いしグループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本近代前衛絵画史」を鑑賞しました

5月2日午後の小雨のなか、家内と一緒に板橋区立美術館で開催中の「日本近代前衛絵画史」を鑑賞しました。「1910年代・  ・・1940年代 激動の時代・画家のまなざし」というタイトルの美術展です。    前衛絵画史を、六つの次代に分類して、陳列しています。  先ずは、 1・・「前衛」のはじまり・・・・・・・・・・・・・・19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中真澄先生の世直し説法「やる気再生の生き方」を聴こう!

社会教育家の田中真澄先生の第10回「田中真澄の世直し説法「やる気再生の生き方」が、来る1月17日(土)午後1時45分から  15時15分まで、(財)全電通労働会館で開催される。  田中真澄先生は、これまでに「人生後半にあり。と、一身にして二生を生きる考え方を提唱されてきました。定年後の後半の生き方に、本当の真価が問われるのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部屋の大掃除をしました

12日の午前早くから家内と物置のミシンを廃棄するので取り出した。10時になっても終わらず、絵手紙教室を終えて自宅に  戻ってから部屋の整理箪笥の移動となった。移動ははくたびれる仕事です。  13日の日曜日は午前10時から夫婦で、物置や部屋の大掃除。出るわ出るわ!知らず知らずのうちに不要なものが溜まって来る。その時は必要と思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーおばあちゃん老いの美学「八十八歳はまだ現役」

今年3月で八十八歳を迎えた西端春枝さんによる講演会が、自立人間をめざす会の主催で来る7月3日(土)に開催される。  西端さんは「雑巾を縫う会」の代表として、毎月第2火曜日、使い慣れたタオル等を手縫いして各施設に送っておられます。今までに縫い上げた枚数は54万枚以上!  母校大谷学園理事、商業界全国女性同友会名誉会長、和歌山刑務所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野間記念館で「横山大観展」を鑑賞して

午後3時頃に 目白駅から都営バスで椿山荘前に。降りて数十メートル戻り、講談社野間記念館に着く。講談社野間記念館で  開催中の「横山大観展」は本日が最終日です。横山大観画伯と講談社創始者の野間清治様の野間コレクションとの関わりは資料に詳しく書かれています。  とあれ作品の多さは驚異的で、同時代の画家の作品も含めて117点を数え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カガヤクシゴト~棟方志功展~を鑑賞して

前から鑑賞したいと思っていたのです。いよいよ、今日が最終日となりました。武蔵野市立美術館で開催のカガヤクシゴト   ~棟方志功展~の鑑賞に。雨の中を地図看板で確認し数分で着いた。ビルの7階が美術館です。富山県南砺市と吉祥寺市の友好都市になっている関係で、展示品44点は南砺市立福光美術館から借りたそうです。  棟方志功は昭和2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板板橋区立美術館で「お江戸の絵画は大賑わい」を鑑賞

近くの板板橋区立美術館で開催中の「お江戸の絵画は大賑わい」を鑑賞しました。2階にある3ケけ所の視て回りました。  板橋区立美術館の企画展はいつも優れた作品を展示しています。近いので殆んど観ています。今回は狩野派を中心とした江戸時代の収集作品が多かった。  狩野探幽の「日の出」、狩野柳栄の「真っ白な富士」、狩野常信の「四季と遊ぶ鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷守一美術館を観覧しました

22年3月28日午後に池袋駅から電車で一つ目の要町駅2番出口から8分ほど歩き、熊谷守一美術館に着いた。守一さんの  絵は月刊絵手紙で何度も紹介されているので、前から訪ねて見たかった。  熊谷守一は、文化勲章を辞退する超俗の画家である。  「良い絵を書くことは気に入らない。描きたい物を描く」というポリシーを持っていて、なんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演、ダニエル・カールさんの「オラの愛する元気な日本」

正午から、池袋西口のリビエラ東京で東商豊島支部の役員会・評議員会が開催された。評議員になっているので、定刻に  出席。昼食を頂いた後に開会され、議件(平成22年度の事業計画案、22年度収支予算案)の審議があり、原案とおり決定された。数件の報告事項があり、午後1時10分に終了。  続いて午後1時30分から特別講演となる。  講師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三反園訓先生「政権交代でどうなる日本」

午後2時から池袋東口・東京信金ホールで、東商豊島支部・豊島区しんきん協議会共催の特別講演会が開催されました。  講師は、テレビ番組のコメンテーターで、早稲田大学大学院講師の三反園 訓(みたぞの さとし)先生です。  『たけしのTVタックル』『スーパーモーニング』にレギュラー出演されていて、ズバリと核心をつく発言には痛快に感じます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産興会例会講師は黒木安馬先生

産興会例会は黒木安馬先生が講師で、テーマ「世界の空から観た成功者たちの3つの習慣 ~面白くなければ人生じゃない~」  産興会の講演会は7日(日)午後2時より大田区産業プラザPiO 3階・特別会議室で開催され4時に終了となった。  講師:黒木 安馬 先生のプロフィール 株式会社日本成功学会 代表取締役。昭和25年熊本県生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大仏師・松本明慶仏像彫刻展を鑑賞して

早めに自宅を出て、日暮里駅から9時5分の快速に乗り、9時30分に東武百貨店船橋店に到着しました。本日から大仏師  松本明慶仏像彫刻展が6階で開催されるので勇んで来た訳です。8月に池袋の東武百貨店で松本明慶仏像彫刻展があったのですが、体調を崩してしまい見ることが出来なかったのです。  大きなフロアには、350余点の作品が展示さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「千年たってもいい話」に感動しました

数ヶ月前の読売新聞に銀座まるかん創業者で全国累積納税額日本一の斉藤一人さんについてコラムが掲載されました。  幸せになる次のような魔法の言葉が書かれてありました。 「ツイている」 「うれしい」 「楽しい」 「感謝しています」 「幸せ」 「ありがとう」 「許します」  で、斉藤一人さんの著書を捜さなくちゃ・・と思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代に学べ~明日を生き抜くヒントがある~

16日、社会教育家の田中真澄先生から著書「江戸時代に学べ~明日を生き抜くヒントがある~」をご恵贈いただきました。  田中真澄先生は、「精神的に劣化しつちある日本人を救うのは、江戸時代の生き方である」と述べておられます。さらに、「寿命100歳時代では80歳前後が働き盛り。新しい働き盛りの感覚で生きて行くには、我が国の歴史上の先駆者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田母神俊雄前航空幕僚長の講演会を

午後6時半から豊島区民センター6階ホールにて、豊島時事問題研究会の主催で講演会があり出席しました。講師は、  前航空幕僚長・空将の田母神俊雄先生です。  6時45分から8時過ぎまで、日本は侵略国家であったのか? 日本はよい国だと言って何が悪い、と歴史認識を踏まえて熱く語られました。  雑誌、WILL2009年1月号・新年特大号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「我はゴッホになる」を見て

午後9時15分から、フジテレビ・芸能ルネッサンス「我はゴッホになる」を見ました。午後7時から野球、巨人・中日クライ  マックスを、テレビで観戦していて、巨人の優勝に感動したあとで、フジテレビを見るのがずれ込んだのでした。  「我はゴッホになる」は、型破りの天才版画家・棟方志功の世に出るまでの若き日々を、劇団ひとりが主演された。か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名優・緒方拳さんが逝く

名優・緒方拳さんが肝臓がんで、なくなりました。渋くて男気のあるすごい役者さんだと思います。1983年(昭和58年)の、 映画「楢山節考」を見ました。その時の映像が、瞼に今でも、残っています。すばらしい俳優さんだと思います。  まだ、71歳ということですが、円熟した演技をもっと、見せてもらいたかったです。  ご冥福をお祈りしたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あきらめない心が明日の自分をつくる」出版記念パーテイに

午後6時から、ホテルニューオータニ東京「芙蓉の間」で、江端貴子さんの著書「あきらめない心が明日の自分をつくる」  出版記念パーテイが開かれ、東政連から、私と宮久保さんが参加に。  江端貴子さんは、行政書士会と豊島支部に来賓として出席されたり、隣接法律関係職に理解があります。民主党東京都第10区総支部の支部長として、精力的に活動を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐選手、よく頑張ったか?

17日の女子マラソンは、野口みづき選手の体調不良で出場辞退。で、土佐選手はスタートラインに立った。しかし、途中から  異変が生じた。  どうやら、走る前に痛み止めの薬を飲んだというけれど、右足の外反母趾の痛さは格別のようだ。10キロすぎたころから、泣きながら、痛みをこらえて走る。  早く 棄権をして欲しい! と、思った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江端貴子さんの「あきらめない心が明日の自分をつくる」

江端貴子さんから、著書「あきらめない心が明日の自分をつくる」を、ご恵贈いただきました。江端貴子さんは、ビジネスの  世界から、女性のための政治参加を目し、昨年から積極的に政治活動をされています。女性のための政治すクール副校長をつとめています。民主党ですが、いま党派を超えて、たくさんの支持の輪が広まってきています。  ◎著書「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤多喜雄~takio ソーラン2008~に

午後6時半から、中野サンプラザ1階ホールで開催の伊藤多喜雄~takio ソーラン2008~を、家内と鑑賞しました。  伊藤多喜雄さんのフアンクラブに入っているので、相当早くにチケットを買い求めていたのです。なんといっても、土の匂いのする人柄が、気に入っています。それと、型にはまらないロック調の歌い方、ktakioバンドの異色の楽器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の正道」を読む

平沼赳夫+正しい日本を創る会の著書・真の保守政治を確立するための政策提言「日本の正道」を読み始めた。  先般25日の「博文会」の会合の際に、下村博文代議士からいただいた本です。平沼赳夫代議士は、「正しい日本を創る会」のリーダーで、下村代議士もメンバーです。    著書の巻頭の言葉に、「文化を大切に、伝統を重んじ、誇りを持って先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演会「生涯現役で働くために」に

19日午後2時から、あんしん財団主催の講演会「生涯現役で働くために」が、コンチネンタル東京ベイで  開かれ、前もって申し込んでいたので出席した。200名ほどの参加で、講師は慶応義塾大学教授、労働経済学の清家 篤先生で、次の項目に沿って講演されました。 ~講演j要旨~ [Ⅰ] なぜ生涯現役社会なのか [Ⅱ]生涯現役社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「時代を拓いた男と女」を見る

午後2時に久し振りに家内と近所を散策に。諏訪神社、竹の子公園、板橋区立郷土資料館、赤塚大仏、  赤塚植物園、松月院、赤塚富士をぶらり散策して、4時近くに自宅へ。その中で、郷土資料館で、特別展「時代を拓いた男と女」~考古学・和島誠一と高群逸枝・平塚らいてう・市川房枝~をじっくりと鑑賞した。  昭和13年、和島誠一は、板橋区志村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒川紀章さんのご冥福を祈ります

黒川紀章さんが、12日に73歳で急逝されました。ご冥福を祈ります。黒川さんは、自然環境に調和した  建築による都市づくりや国づくりを実践し、より豊かな自然との共生に取り組み、自然環境の大切さを、ライフワークにされていました。東京都知事選や参院選でも「自然との共生」を大きな政策に位置づけておられました。反面どこか子供っぽさがあって、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ランチエスターの法則

「ランチエスターの法則」に興味があります。昭和35・6年に産業能率短大で学んだアメリカが発信した  経営戦略・オペレーションリサーチ等の科学的管理法に近い。産能短大では、「アメリカが飛行機で日本の戦艦を攻撃する場合の、縦方向、横方向からの攻撃で、戦艦に命中させる確立を、コンピュウターでシミレーションした例や、空中戦での攻撃パターン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高市早苗先生からご挨拶が

先月27日に内閣改造がありました。内閣府特命担当大臣として、4つの担当を懸命につとめられた  高市早苗先生に、退任早々、絵手紙で「ねぎらい」を申し述べさせていただきました。そのお礼のご挨拶が、今日とどきました。  高市先生は、8月15日に閣僚で唯一、靖国参拝されたました。政治家として立派と思います。  これからは、自民党の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんとこい、肝がん!”・生き方、下手でいい(その30)

生き方、下手でいい(その30)  世渡りが実に下手です。本当に下手なのです。だから、要領のいい人を  見ると、感心してしまいます。でも羨ましくなったりはしません。人見知りで話すのが苦手なので誤解されますが、それでも言い訳をしません。損な性格ですが、人ってそれぞれ考え方も違うし生き方やポリシーが違うので、自分らしく生きればいいかなと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんとこい、肝がん!・感謝して生きる・・兼子仁先生から 

感謝して生きる・・兼子 仁先生から  法学博士で兼子 仁先生の都立教育大学での最後の講義を、  数年前に八王子の校舎でお聞きしました。畑先生はじめ、国際行政書士協会(IGA)の仲間と出席させて頂いたのです。そういうことがきっかけで、数年間、国際行政書士協会の顧問として数年間、ご指導いただきました。また、IGAの研修会の講師として、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more