テーマ:日記・風土記

中学校卒業59年目の同級会

昭和29年に宮城県・栗原郡尾松村中学校を卒業し、早や59年になりました。卒業後数年後に、尾松地区、仙台地区、東京地区  ごとに同級会を開き、1~2年ごとに三地区合同の同級会を開いてきました。  今回の担当幹事は東京地区ということになり、27日に伊東温泉は伊東小湧園で27名の参加で開催となりました。  不思議なことに、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪決定おめでとう

9月7日(日本時間8日)ヴェノスアイレスで開かれたIOC委員による投票の結果、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市とし  て東京に決まった。  おめでとう!  7年後の五輪開催に向けた競技場等への投資が進む。    一方では、「東日本大震災の復興を急げ」との声があります。  宮城県出身の私から見れば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙展へ高市早苗先生から祝電が届きました

3日午後4時に、奈良県選出の衆議院議員で、自由民主党・政調会長の高市早苗先生から祝電が届きました。ありがとういござ  います。  第10回「じっちゃん書士と仲間の絵手紙展」 へのお祝いメッセージです。  高市早苗先生とは、衆議院議員におなりになる前から存じ上げております。    山内事務所(現・行政書士法人日本許認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫からのファックスに、メールを

6月上旬に肝臓病で入院し6月10日に抗がん剤投与がありました。三日目から体温が上がりしばらく続きました。6月17日に6歳の  孫の「せいちゃん」からファックスが送信された。  ◇ ◇ ◇  ファックスには、  「じいちゃん、おねつだいじょうぶ」と、たどたどしい字で書いてありました。  その下に、目のパッチリした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村天風 潜在能力開発講座に参加して

23日午前8時10分に護国寺に着いたので、護国寺を参拝しました。国を護るという名のとうり格式ある御寺でした。一通り参拝  してから、天風会館にまいり5階で受付をすませました。  今日一日のプログラムは、次のとおりです。  「心と体の活かし方」  「潜在意識の浄化」  「積極的思考への「訓練」  「秘法・神経反射の調節」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みやぎのつどい」が開かれました

東京宮城県人会連合会主催による「みやぎのつどい」が、芝公園・メルパルクホールにて開催されました。早朝8時に会場に集合し  袋詰めの作業が始まった。  第2部のアトラクションでは板橋地区から3組の出演がありました。「新タント節」の中西さん、「出船音頭」の新津さん、「望郷じよんがら」の吉田さんです。因みに吉田さんは、同じ行政書士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばっぺ「おながわ秋刀魚収穫祭IN日比谷公園!

女川の瓦礫処理に東京都が協力したお礼として秋刀魚焼き立て無料サービス10,000匹、女川汁無料サービス10,000杯、  10匹パック無料サービス3,000パックを、10月20日(土)午前10時から4時まで開かれます。  どれも、無くなり次第終了になります。  早めに日比谷公園にいらっしゃい!  主    催:女川魚市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神無月の宴」に出席を

10午後6時半から、駒込近くの女子栄養大学4号館5階にて、NPOとしまユネスコ協会開催で、神無月の宴」が開かれました。  IGLA会員の永野裕子さんの案内があり参加しました。豊島区内外の方々100余名が参加されたようです。  NPOとしまユネスコ協会代表理事の平井憲太郎様の挨拶の後、高野区長代理、学習院大学学長ほかの挨拶があり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮らしの相談会のお知らせ

東京都行政書士会豊島支部では、来る10月24日(水)午前10時から午後3時まで、JR大塚駅前で、暮らしの無料相談会を  開催します。  許認可手続きに関すること。  入管手続き(在留等)に関すること。  市民法務に関わること。  相続に関することなど。  相談会場へ直接にお越しください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”封印された「放射能」の恐怖”を読んで

10日から、クルス・バズビーさんの著書「フクシマ事故で何人がガンになるのか”封印された「放射能」の恐怖”」(講談社1,700円、  2012年7月25日第1刷発行)を読んでいます。  この本には、首都圏汚染・・・全国民必見の全データが掲載されています。  驚くことに、2011年5月14日、巣鴨地区の道路脇の砂が、  セシウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「高島平蘭学事始」を鑑賞して

8日午後に家内と近所を散策。いつものルートは諏訪神社、板橋区立美術館、板橋区立郷土資料館、東京大仏、赤塚植物園  が散策のコース。  あいにく美術館が改装中で、郷土資料館へ。  ちょうど、開館40周年記念として「高島平蘭学事始」が開催されていました。今回の特別展は、高島平地名発祥の人物、幕末の西洋砲術家・高島秋汎にスポットをあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイツリー”そらまち”に圧倒されました

行こうよ!と、オープン時期から家内と言っていたので、午前10時過ぎに自宅を出た。三田線春日駅で大江戸線に乗り換えて、  両国駅で下車し、都バス(門33)で東京スカイツリー駅前で降りる。  十軒川を業平橋を渡ると、右手にエスカレーターがある。それに乗って5階まで。  先ずは、「すみだ水族館」を見学した。  熱帯魚やクラゲの水槽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鈴木宗男が考える日本」を

27日午後6時半より板橋区赤塚支所で開催の区議会議員・長瀬達也さんの区政報告と特別講演会に参加しました。特別講演は、  新党大地・真民主代表・元衆議院議員の鈴木宗男先生が講師でで、「政治の修羅場と日本再興」のテーマで、7時過ぎから8時20分までお話されました。  閉会後に、鈴木宗男先生の著書「鈴木宗男が考える日本」を買い求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷原信郎著書「検査崩壊 失われた正義」

郷原信郎先生の著書「検査崩壊 失われた正義」(毎日新聞社、1,300円、2012年8月30日第1刷)を26日に購読しました。  鈴木宗男先生の特別講演会が9月27日に開かれるので、関連して読んでおきたかったのです。    巻頭特別対談として、  郷原信郎×小川敏夫 「検察は今後50年信頼回復できない」  郷原信郎×石川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田中真澄先生の著書「やる気再生工場塾」を

田中真澄先生から22日に著書「やる気再生工場塾」を頂きました。活力ある人生を取り戻し再スタートしよう!というモチベーション  を自分の心の中に呼び起こしてくれる本です。  「もうだめだ」 「歳だから・・・」 「何をやってもだめだ」はたまた「病気だから」とか、「やる気のない」のを、何かの所為にしてしまったり、或いは社会や周りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林興起先生の著書「裏切る政治」を

13日に小林興起先生の秘書さんから衆議院議員小林興起先生著書「裏切る政治」をいただきました。本の表紙裏に山内常男様、  小林興起 2012.9.8と サインがありました。ありがたいことです。  著書「裏切る政治」は8月20日 初版1刷発行です。  内容は、  裏切る政治=消費増税に突きつけた青票  郵政民営化阻止の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「としまの選択」から取材の申込みが

23日、小林俊史さんが主幹の情報紙「としまの選択」から取材の申込みがありました。絵手紙さんぽの会として巣鴨で絵手紙教室を開催  し、9月には高岩寺会館ギャラリーで絵手紙展を開催の案内を、小林さんにお伝えしていましたので、そのような文化活動面での取材と思います。  8月28日(火)午後1時に巣鴨の弊社においでいただくことになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能性物質等による汚染・被爆に対する法律制定を急げ!

放射能汚染に対応する法律は、あるのでしようか? 日本の憲法第25条「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を  営む権利を有する。  国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と、あります。  しかしながら、政府の福島原発事故の対応や対処の仕方を見ていると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こういうこと。終わらない福島原発事故」を読みました

広瀬隆氏の著書「「こういうこと。終わらない福島原発事故」を、何度も読みました。著書の「はじめに」として『週刊金曜日』発行人  の北村肇氏は、『2011年4月30日に豊島公会堂で開催した「子供達を救おう」と、訴えた広瀬さんの講演会に千人を越える人が集まり、全員が息を殺して広瀬さんの話に聞き入りました。  政府や東京電力の発表、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電力システムを考えよう

「電力システムを考えよう」1年前以上の2011年5月12日にブログで拙い考えを述べました。「脱原発」の立場から、再度のべて  みます。  ◇ ◇ ◇  福島原発の電力の殆んどを東京都民、企業が消費していました。福島原発が停止し廃炉になった以降、今後の代替エネルギーは、どうやって補うべきか?素人なりに考えてみました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「EMサミットin東京」に出席しました

午後4時に池袋東口にある、東京総合美容専門学校7階ホールで開催の、「EMサミットin東京」に出席しました。午前中の部の  放射能対策・研究発表に行きたかったのですが、自宅での雑用があり、午後の「豆腐屋が考えつ放射能問題」のあとに馳せ参じました。  「チエルノブイリから日本へ渡されたバトン」から、ナミゲーター野呂美加サン、杉本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「豆腐屋が考える放射能問題」に出席しました

午後1時半から、池袋第三区民集会室で開催の「豆腐屋が考える放射能問題」に出席しました。数日前に、当事務所代表から、  進められたこともあり、内部被爆について知っておきたかったのです。前もって大桃豆腐店にメールで参加希望していたのです。   定刻に、「内部被爆について」のDVD上映が2時40分までありました。  福島原発事故の放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福島の真実と原発再稼動」「放射能と内部被爆」を見て

6月下旬と7月4日夜に、「福島の真実と原発再稼動」「放射能と内部被爆」「環境省説明会質疑応答」のDVDを自宅で見ました。  東電原発技術者から内科医になられた熊本市在住の小野俊一さんが語ったDVDです。3部作のうち第二版の「フクシマの真実と内部被爆」と、今度の「福島の真実と原発再稼動」「放射能と内部被爆」「環境省説明会質疑応答」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑光先生、黄綬褒章受賞

この度、春の叙勲で黄綬褒章受賞の畑 光先生のプロフィールをご紹介いたします。畑 光先生は、一般社団法人 国際行政書  士協会の理事長を「」つとめられ、後輩の指導に尽力されました。行政書士の大先輩として、心よりお祝い申し上げます。 【畑 光先生のプロフィール】  生年月日:昭和8年1月5日れ。昭和30年3月1日慶應義塾大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保岡興治先生「モーニングセミナー」に参加

6日午前8時から9時30分まで、帝国ホテルにおいて、元法務大臣の保岡興治先生の「モーニングセミナー」が開催されます。先般  ご案内を頂きましたので、すぐ参加の連絡をさせていただきました。  「モーニングセミナー」は、年に何回か開催され、その度に隣接法律専門職の業界の首脳はじめ学者の方々や、経済界の方々が参加されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井利弘さんが亡くなりました

雑誌「オール生活」の読者欄に、読者クラブ「産興会」を発足を呼掛けたのが25歳の時で、今から48年前です。産業能率短大を  卒業してまもなくのことです。  その時に松井さん、鈴木忠さん、小川弘さん、鈴木靖男さん、熱田さん、真船さん、粕谷克由さんほかでした。  先ず最初に、2歳上の松井さんにお会いし、自分の構想を述べ、会の名前を産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恩人の金子隆先生が亡くなりました

9日夕刻に悲しい知らせが届きました。実業乃日本社発行の雑誌「オール生活」の元編集長の金子 隆先生が亡くなられたとの  知らせが、ご遺族からありました。18歳で上京し就職して二十歳ごろに、雑誌「オール生活」を愛読しました。『オール生活」は、いわゆるハウツーの記事が満載していて、一国一城を夢見る若人のバイブルでした。  「オール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3番目の孫が生まれました

8日の深夜1時過ぎに長男夫婦の第三子が生まれました。男の子です。「命名書に書いてください」と、」長男が言うので、西松屋で  命名書を買い求め早速書きました。名前は、著名な思想家・中村天風師にあやかって、「天風」と名づけたそうです。  何度も新聞紙で「天風」の字を練習したけれど難しいけれど書き終えた。  そういう長男の名前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀戸天神、スカイツリー、浅草めぐり

6日まで亀戸天神様の藤まつりがあるので、家内と勇んで出かけた。大江戸線は両国で下車し、都バスで亀戸4丁目で降りた。  で、残念なことに、藤の花は殆ど散っていて、僅か1ヶ所に申し訳なさそうに丈の短い藤が咲いていた。  いつもならば、丈の長い藤がたわわに咲いているのに。どうやら、先日の雨で散ってしまったそうである。  仕方がないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more