IGLA・第472回研修の講師は、山崎哲夫先生!

IGLA正会員へ 第3回指定セミナーのテーマは「就労申請案件トラブルケースへの対応」で、講師には元・東京入国管理局長

 の山崎哲夫先生です。
 通常ならば実現出来ないのですが、平成22年度に引き続き、当協会員の為にお引き受けくださいました。是非この機会にご参加下さい。一般社団法人国際行政書士協会代表理事(会長) 畑  光

  ◇  ◇  ◇

一般社団法人国際行政書士協会 第472回セミナーのご案内
1・期 日:平成25年6月21日(金)開始:午後6時30分

2・会 場:豊島区立勤労福祉会館 第3・4会議室 電話03-3980-3131
      交通便:池袋駅西口より徒歩6分。池袋消防署となり

3・科 目:第3回指定セミナー入管実務講座

 ~就労申請案件トラブルケースへの対応(その7)~
 講 師:行政書士 山 崎 哲 夫 先 生
4・資料代:正会員は参加費無料ですが、資料作成代として500円を申し受けます。
※正会員以外の行政書士の皆様は、一人4,000円(資料代を含みます)です。

《講師からのひとこと》
~就労申請案件トラブルケースへの対応~
 その7・許可要件の基本に戻る!
 就労の資格認定申請は、添付資料なし申請書だけで許可が受けられる場合が示されているが、大卒資格や在職歴の許可要件に不正が発覚した場合の責任は、申請取次行政書士が負わされることは避けられない。対応策は? 
 また、入管は何を根拠に不交付とするか、対応策は? 
 入管職員のマニアル「在留審査要領」の「不利益処分の理由・内容の具体的記載」例を参考に出席者の意見を求め、ゼミナール形式で解説しますのでご参加下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

新潟の大谷です。
2013年06月12日 19:58
この度は、先生のご配慮により入会させていただき、誠に有難うございました。また、味わいのある絵手紙をいただき、非常に楽しく見させていただいています。
私は、今年の3月に行政書士に登録したばかりで、現在、その方向性について試行錯誤の状態です。そのような中、先生が投稿された「共に栄えよう!」を拝読し、事務所「五訓」の「和み・省く・尽くす・喜ぶ・志す」が、正に平素から肝に銘じていかなければならないものだと思いました。
今後とも宜しくご指導願います。
山内常男
2013年07月03日 09:48
大谷さん、コメントありがとうございます。いま行政書士業界には「共に栄えよう」とする理念が希薄に感じます。IGLAの設立は、畑会長と私が中心になって発足し、基本理念は「共生」であり、それを実現するために、行政書士業界における「松下村塾」を目指すことでした。お陰で多くの人材を輩出すること出来ました。それは経済人としての行政書士であり、地域社会に貢献できる人材を育むことにあります。
 共に栄えてまいりましょう!


この記事へのトラックバック