IGLA第第465回研修会ご案内

IGLA正会員の皆様へ 今回は「民事意思能力と遺言関係業務における対応について」をIGLA会員の石井俊一先生に、「遺言

 作成・相続のためのエンデイングノートについて」は、NPO広域市民の暮らし支援機構の赤地理事長にお願いしました。内容の濃い研修なので奮ってご参加下さい。    
 一般社団法人 国際行政書士協会会長(代表理事)畑  光

一般社団法人国際行政書士協会第465回研修会のご案内 
 ※今回は、NPO広域市民の暮らし支援機構と共催です。 

1・期 日:平成24年11月28日(水)午後6時10分より開始
2・会 場:豊島区立勤労福祉会館 第3・4会議室 電話03-3980-3131
 交通便:池袋駅西口より徒歩6分。池袋消防署となり

3・科 目:「民事意思能力と遺言関係業務における対応について」
     ~特に遺言公正証書関連の問題に焦点をあてる~
講 師:認定司法書士、行政書士 石井 俊一先生

4・科 目:「実用版エンデイングノートについて」
     ~遺言作成・相続のポイントを知ろう~
講 師:NPO広域市民の暮らし支援機構理事長 赤地 祐一先生
5・定 員:25名        
※申し込みは、11月25日までにお願いします。

6・参加費:正会員は無料。正会員事務所で2人目から一人1,500円を申し受けます。

《石井講師からのひとこと》
 今回は前回(22年11月第440回研修)の赤地先生の講習の続きとして、民法の基本的な定めを復習します。そして、私が度々お願いしている公証人から伺った「公証人も騙される。」事件並びに、私自身が業務遂行上で遭遇した遺言者の遺言能力に関する裁判において、証人として証言した事件についてお話をします。
 その後は、標題の遺言公正証書の手続き上の問題点について、遺言と意思能力及びその効力に関する最新の裁判例を紹介しながら業務上の要点を解説します。さらに、業務遂行上の基本的な考えとして、意思能力がない時になされた行為、意思能力の有無についての対応の仕方や職務上の対応策について、お話をしまうのでご参加下さい。

《赤地講師からのひとこと》
 NPO広域市民の暮らし支援機構では「実用版エンデイングノート」を編纂しました。これは行政書士の先生方が、顧客様から遺言作成・相続のポイントを相談された場合に、即座に対応できる虎の巻で、顧客様が迷わないための秘訣をまとめたものです。
 エンデイングノートの活用方法や書き方を解説いたしますので、奮ってご参加下さい。

~事務局からのお知らせ~
※平成25年度年会費は3万円です。郵便振替又は研修会場で申受けます。郵便振振替口座番号00160-9-504371 一般社団法人国際行政書士協会です。
※電話FAX変更の際は連絡下さい。当協会の活動はhttp://www.igla.jpをご覧下さい。
□第456回(3月29日:畑会長・改正入管法概説)DVD(1,000円)を申込みます。
□第458回(5月29日:畑会長・入管セミナー1回目)DVD(1,000円)を申込みます。
□第463回(9月21日:畑会長・入管セミナー4回目)DVD(1,000円)を申込みます。

FAX(03‐3910‐5234)出欠連絡票 正会員用
一般社団法人 国際行政書士協会 御中 (□該当にチエック)
    □参加します。   □欠席します。
 平成24年  月  日    氏名(           )
  電話    (    )     FAX   (    )
  携帯(         )

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック